HOME > Flight Record 2 > 76: ユニフォームの歴史

Sydney/Melbourne

私服姿の日本人の学生(中学生?)が大勢だ~。またすごい数だな。留学の会社のタグを付けているから、夏休み短期ホームステイか何かなのかな?成田からメルボルン直行便ではないからたいへんそうだ。セキュリティ強化の為、搭乗ゲートで、搭乗券とパスポート(もしくはID)のチェックをしてから搭乗。今回はビジネスクラスの一番前の席だったから、学生が座っている後の席の様子はよく分からなかったが、夜のフライトで疲れているのか、とても静かだった(笑)

■カンタス航空 機内食 朝食■

機内食


■ 今回乗る Nalanji Dreaming ■

Nalanji Dreaming

パスポートとボーディングパスのチェックをされ搭乗するとき、地上係員にとめられた日本人のお客さんがいた。地上係員も困ったように英語で説明しているし、お客さんも困ったように日本語で説明していた。通訳しようと思ったけど学生の波に押し流されてしまった。あわわ。なんだか名前のことでもめていたような?確認してないので良く分からないが・・・。名前が何かの間違いで違っていたのだろうか?だとしたらどうやって日本でチェックインしたんだろう?謎だ。
・・・と思っているうちに、なんだか搭乗を許可されたようだった。なんだったんだろう?


■ ウェルカムドリンク ■

ウェルカムドリンク

水かオレンジジュースかシャンペンの中から選ぶ。
オレンジジュースにしてみました。今回はいつもと違って氷が入っているぞ。


■ 機内の様子 ■

機内 雑誌

ビジネスクラスの一番前の座席。内装が古いなぁ・・・右の窓のシェードが、上げても上げても下がってくる。(汗)
雑誌棚には日本の雑誌(AERA、Hanako,クロワッサン、Tarzanなど)もはいっている。

窓からは、シドニー空港からも飛ぶようになったオーストラリアン航空が見えた。

窓 オーストラリアン航空


■ カフェに出てくるようなサンドウィッチ ■

QFのサンドウィッチは、なかなかいけるのです(^^)
パンも良いものを使っているようです。

ローストビーフ+トマトレリッシュ ベーコン+トマト+アボカド
ローストビーフ+トマトレリッシュ+セミドライトマト、ベーコン+トマト+アボカド

食後のコーヒー。カトラリーはすべて金属製。

コーヒー カトラリー

サンドウィッチがメインの時は、何も言わなくても食べているときに
コーヒーも持ってきてくれればいいのになあ。←うるさい客だ!


■ シートポケットには ■

機内誌 Entertainment guide

機内誌、Entertainment guide

2003年7月号の機内誌の表紙は、2003年9月22日からの
新しい客室乗務員のユニフォーム。(Designed by Peter Morrissey)
Qガイドには日本の音楽プログラムもあり、演歌、ポピュラーミュージックを聴くことができる。


 ■ ユニフォームの歴史 ■

1948-1959
Just three years after WWⅡended,the very first fleet of QANTAS inflight crew
took to the skies in these military-style winter uniforms.The navy blue wool suits were
worn with a matching forage cap.
.........................................................................................
A white,short-sleeved dress with gold buttons was the key piece of the summer
uniform for 11 years.





1964-1969 1969-1971 1971-1974 1974-1985

1985-1993 1993-2003

これ以外にも同時期に数種類のユニフォームがあった年代もあります。



UP