HOME > Flight Record 11 >535: ビキニ航空

HoChiMinhCity/Cam Ranh

ホーチミンシティからビーチリゾ-ト ニャチャン(カムラン空港)へ、ベトジェットエアで飛びます。この区間は、ジェットスター・パシフィック、ベトナム航空、ベトジェットエアの3社が飛んでいますが、値段も安く時間帯が一番良かったベトジェットエアにしました。一度乗ってみたかったのです(^^)。1時間の飛行です。

■ベトジェットエア 有料機内サービス■

ネスカフェ


・・・ タンソンニャット空港 ・・・ 
(国内線ターミナル)

制服 チェックインカウンター 自動チェックイン

ホーチミンからニャチャンへ出発です。自動チェックイン機もありました。
手荷物は7kgまで持ち込み可能。重量は厳しく量っていました。

タグ

重さを量った後、手荷物に付けられたタグ。

ベトジェットエアは、ボーイング737MAX200を100機購入したというニュース(2016年)も
話題となりましたが、引き渡しは2019年から2023年にかけて行われる見通し。


・・・ 今回乗るA321 ・・・

A321 客室乗務員

ベトジェットエアの機材は新しい!

客室乗務員もジュースを飲み、おしゃべりしながら搭乗を待ってます。
自由な社風っぽい。

そういえば、新路線就航記念に、
機内で水着ダンスショーを開催して罰金というニュースもありましたね。
これで一気に話題となり、ビキニ航空とも呼ばれるようになりました(^^)



・・・ 機内の様子 ・・・

シート 機内誌 機内

満席。ベトナム人が多かった。
シートポケットには、安全カード、機内誌、機内メニュー、紙袋。
シートピッチは、日本のLCC並み。3-3並び。

私の買ったエコ(ECO)と呼ばれるチケットは、座席指定有料、預け荷物有料。
ケチって座席指定のお金を払わなかったら、真ん中の席になってしまった!ので、窓からの写真なし。

機内サービスは、普通でした・・・。
むしろ短い路線なのに、てきぱきとよく気配りされたサービスでした。

カムラン空港 沖止め

定刻通り ニャチャン (カムラン空港)到着。暑い~。飛行機は、沖止め。
バスに乗って空港ターミナルまで移動しました。



UP