HOME > Flight Record 5 > 202: 世界遺産

Narita/Sydney

日本はやっぱり楽しいな~♪さて、これから空路シドニーへ。客層は、オーストラリア人やABC(オーストラリア生まれ中国人)、日本人観光客、ビジネスマンなど。ほとんど、機内はオーストラリア人のような感じでした。観光の人はJALで行くのかな?機体がエアバスになって、カンタス航空の機材が成田空港では、3機(QF136、QF22、QF60)いました。どの飛行機も混んでいそう。私はQF136便シドニー行き。成田空港の搭乗口のモニターには、それぞれの都市の綺麗なアイコン写真が出ていて、これから旅行に行く人は、わくわくしますね!?(^^)

■カンタス航空 機内食 夕食■

機内食
■ 朝食 ■

機内食


■ オーストラリアの世界遺産 ■

2007年9月から2008年6月まで世界遺産キャンペーンを実施中

ラックオーストラリアには世界遺産がたくさんあります。カンタス航空は、
オーストラリア政府観光局と共同で、世界遺産をハイライトした広告キャンペーンを実施中でした。
成田空港のチェックインカウンターには、オーストラリア世界遺産のポストカードラックが
ありました。全種類もらっちゃった♪と、思ったけれど、後で数えるとないものが・・・(泣)
ポストカードになっていたのは、ウルル・カタ・ジュタ国立公園、カカドゥ国立公園、グレート・バリア・リーフ、クイーンズランドの湿潤熱帯地域、フレーザー島、オーストラリア・ゴンドワナ多雨林、シドニー・オペラ・ハウス、グレーター・ブルー・マウンテンズ地域、ロード・ハウ諸島、タスマニア原生地域、ナラコート/オーストラリアの哺乳類化石地域、ロイヤル・エキシビジョン・ビルとカールトン庭園、西オーストラリアのシャーク湾、パヌルル国立公園、マッコーリー島、ウィランドラ湖群地域、リバースレー/オーストラリアの哺乳類化石地域、ハード島とマクドナルド諸島。


■ シドニーから行ける文化遺産 ■

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域

ブルーマウンテンズオーストラリア大陸のグレート・ディバイディング・レンジの一部。雄大な景色が広がる。ブッシュウォーク歩道もあり、渓谷や滝、洞窟、ここにしかない貴重な植物などを見ることができる。ここで生息するユーカリが出す霧状の油分が太陽に照らされ、青く霞んで見えることからブルーマウンテンズと呼ばれるようになった。アボリジニの伝説で、3人の美しい娘を悪魔から守るために父親が魔法で娘を岩にしたと伝えられる奇岩スリー・シスターズは絶景ポイント。ここも歩いて行けます。

シドニー・オペラ・ハウス

このオペラハウスのポストカードがなかった(;_;)やっぱりオペラハウスは人気なのでしょうね。デンマークの建築家ヨルン・ウッツォンの設計。ヨットの帆や貝殻を思わせるデザインのオペラ・ハウスは、1959年の着工から14年の歳月をかけ1973年に完成。こんな長くかかってしまったのは、このヨルン・ウッツォンが、自分の思い通りの設計にならない部分があり、怒って帰ってしまったからなのだそうだ。完成後もオペラハウス20歳の誕生日にも、来豪せず!2,679席のコンサート・ホールから318席の小規模なスタジオまで目的別に6つの会場を持ち、オペラだけでなくバレエ、ミュージカル、演劇なども楽しめる。


■ 今回乗るA330-300 ■

A330-300 機内

搭乗前に、2007年4月9日デビューの「ナリタ5番街」に行ってみる。カルティエ、ティファニー、エルメスグッチ、バーバリー、コーチ、フェラガモ、ブルガリなどの店舗がずらり。何も買わなかったけれど(^^; Fa-So-Ra Tax Free Akihabaraなんていうのもあり、日本のおもちゃや電気製品、本、お菓子などが売られていました。機内は7割くらいの搭乗率でした。

メニュー カトラリー

メニューには、機内サービスの案内が記されています。出発→おしぼり→アメニティグッズ→入国書類→ドリンク&スナック→食事→Relax and Unwind→免税販売→ドリンク&スナック→ドリンク&スナック→食事→到着

実際のサービスの順番はこの通りではなかったけど、メニューに書いてあるので、どんなサービスがあるのか分かりやすい。映画を観ているときも、メニューにあるサービスがなかったので、呼び出しコールでおやつを催促してみる。ごめんよ~。

カトラリーもデザイナーによるデザイン。わりばし付き。

・・・ 入国書類 ・・・

入国書類

機内で配られるので便利。


■ シートポケットにあるもの ■

安全カード 機内誌 機内エンターテインメント 機内ショッピング 紙袋

安全のしおり、機内誌、機内エンターテインメント、機内ショッピング、紙袋


小鉢の山クラゲ、筍煮、黒豆とはじかみ

小鉢

山クラゲ、わさびがきいている調理だった。日本人にはいけるが、オージーは食べられるだろうか?
はじかみ(芽生姜の酢漬け)も珍しいな。


volvic ココア 水

機内での水分補給も充分あります。映画の時間、起きているお客さんには、水や有機栽培ペパーミントティーやCadburyのココアを希望者に配り、夜食のバナナも配られました。まっ、これは、私が催促したから、出されたものだけれど。他のお客さんは知らないようで寝ていました・・・。私って夜も起きている迷惑な客!?客室乗務員はやりづらいだろうな。

バナナ モニター

Flight Pathも立体の画面もあり見ていて楽しい♪現在、グアム上空通過中。マリアナ諸島表示まででている。


朝食が終わり、もうすぐシドニー。

朝 モニター 上空


・・・シドニー到着・・・

マルディグラ
シドニー国際空港到着ターミナルに、マルディグラのオフィスがありました。
こんなところに!パレードには年々海外からの参加者が増えビッグビジネスなんだとか。
さすが。金にもに言わせる世界ね。
このオフィスで、男性同士嬉しそうに、きゃっきゃ♪と話していた。
マルディグラ・・・同性愛者の多い町シドニーで開かれる、世界最大級のゲイ&レズビアンの祭典。







UP